W212Eクラスセダンのフロントバンパー修理・パークトロニック不良だったかも

 

takes.siteの管理者なのに編集画面に入れず、しばらくもやもや…
iPadからも編集できるようにとあれこれ設定していたのが影響した?のかなと…

さて季節は初夏を感じさせる若葉の候5月、お休みを利用して何とか無事にログイン
気を取り直して4月の書きかけ記事の更新をします

ご紹介するのは4代目Eクラス、角型4灯式ライトが特徴的な前期型セダン
少々フロントバンパーの左側をお怪我されたとのことでお預かりしました

 

 

オーナー様のご要望は費用を抑えること、綺麗に直して欲しいの2点です
部分加修可能な損傷でしたので、フロントバンパー左半分を部分修理、塗装します

 

 

 

まずは邪魔になるであろうバンパーの付属品を外します
ホイールカバーを外してバンパーの内部、裏側にアクセスしてパークトロニックセンサーを
外します

 

 

 

三本の配線で制御されている超音波センサー
音波と電圧変換で障害物との距離をドライバーが察知できるように助けてくれます
障害物が近づくとブザー音が鳴って、危ないよ!と教えてくれるのですが

でも残念、擦ってしまいました…

 

 

後の塗装作業がしやすいように、フロントフェンダーとの取付け箇所の
ボルトを外して隙間を作ります
その後傷を研磨してサフェーサーを塗ります

 

 

下地を研磨後塗装ブースに移動して
ボディー全体にマスキングを施しフロントバンパー半分を塗装します

 

 

 

 

費用との兼ね合いもあるのですが
なるべく付属部品を取り除くことで塗装の仕上がり具合が変わります

店主の気持ちも品質が下がり、オーナー様にご満足いただけないとストレスになるので
ひと手間加えます

 

 

塗装乾燥後取り外した部品を組み付けます
部分加修ですが↓グリルにセンサー、ランプ類とこれだけの部品点数を外しました

 

 

 

傷も無くなり精悍なフェイスに戻りました
洗車も終えて、お客様にお渡しする前に最終チェック、塗装OK、デイライト点灯OK
パークトロニック、、、あれ?反応しないぞ?

左右4個、センター2個のうち左サイドのみ障害物を近づけても反応がありません

 

 

お客様に現況を説明差し上げて、ぶつけた時の状況を思い出していただくと
確かに普段はブザー音が鳴っていたのに、ぶつけた時は鳴らなかったような気がするとのこと

品番確認をするとセンター2個は別品番、サイド4個は同じ部品なので
「右サイドのセンサーを左サイドに取り付けて視界が遮られる前方左側を反応させませんか」と
ご提案しました、右ハンドル車なので右側は目視しやすい筈ですから

本来はセンサー交換なのですが、翌日どうしてもお車を使う用事があるとのことで応急処置です

1時間納車を遅らせていただいて急遽センサーを左右入替ます

 

 

 

 

 

入れ替えて再確認、今度は無事に左側の障害物に反応します

右側は反応しない筈でしたが、今度も無事に反応します(笑)

あらら、センサーの接触不良でしょうか?はたまた音波の反射反応の変化でしょうか?
センサーを交換しなくて済みそうです、見積りしてくれた部品屋さんごめんなさい!

 

Wさま、お騒がせいたしました、余分な追加費用が発生しなくてほっとしています
今後もどうぞよろしくお願いします

Wさまを紹介くださったSさま、いつもありがとうございます
この場をお借りしてお礼申し上げます、お礼は仕事で返しますね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です