部品廃盤でも修理したい・JB3ライフダンク

3月は個人事業主にとって毎年とても慌ただしく

成績発表(確定申告)もありまして年末同様バタバタしますが

終盤になりますと暖かな日も続き、気持ちに余裕が生まれてきます

成績はさておき、少し前の作業内容です

職場の駐車場に止めていたところトラックがバックしてきて

ぶつけられてしまったライフダンクが入庫しました

平成14年登録なのでちょうど20年前の車、旧車と呼ぶにはまだまだ早いのですが

入庫して真っ先に浮かんだのは新品部品はあるのかなと?

100%相手が悪い事故なので、オーナー様は費用を気にする必要はありません

ところが部品が無いと直るものも直りません

部品商に問い合わせると、何点か部品製造廃止、メーカー在庫なし

致し方ないのでオーナー様の了解のもと、中古部品を使用して修理します

中古部品は沢山有ったのですが

いかんせん中古も20年前の製品なので手直しは必要です

リヤスポイラー廃盤

塗装はブリスターとクラック発生

リヤスポイラーと同じようにルーフも塗装劣化が激しく残念な感じ

オーナー様のご所望でルーフも一緒に修理することにしました

全面古い塗装を研磨して下地を塗装します

幸い錆は発生してなかったのでクリヤーとベース塗料のみ削り落としました

リヤスポイラー上面を素地まで削り、全体にサフェーサー塗って下地完了

リヤバンパーとバックドアは新品部品です

ルーフはところどころシーリングの割れを再シーリングします

今回は軽自動車なので塗装ブース内のスペースに余裕があるので

ほかの部品も全部一緒に塗装しました

テールランプ下のパネルのみ前日に塗装してあります

スポイラーのシールテープは新品有り

見えなくなる箇所ですが、純正部品を使えると水漏れの心配もなく安心です

全て組付け終えて完成です

ルーフも輝きを取り戻しました

本来修理費用からしますと廃車、全損なのですが、諸々事情が重なって修理となったダンクです

でも免責50マンにはびっくりしましたね、、、

これからも長く大事に乗ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。