ダイハツ・エッセ事故修理&エアロパーツ取付け②

前回の続きとなります

骨格部品を溶接する前に、ひととおりの部品を仮合わせして

取付け具合に問題はないか?加工は必要か?確認していきます

今回お取り寄せしたエアロバンパーは概ね良品でした

それでも無加工では済まず、一部削ったり、熱を加えて曲がりを付けたり戻したりしました

固定方法も少し手を加えます

フェンダーとの合わせ箇所はフェンダー側の裏から穴を開けて、ねじ止めできる様にしました

穴開け後に再度取り外して足りない箇所をファイバー足して加工します

細かい箇所ですが純正クリップでちゃんと止まる様にしました

固定がしっかりすると強度も増しますので手を抜かずにひと工夫

仮組した部品を取り外し、骨格部品を溶接後まずは骨格の塗装をします

塗装ブースに移動して

元々の塗装の感じ、グレー色の下地に車体色の黄色が塗られている箇所や

透けて見えている箇所などを、もとの部品を参考にして再現します

サフェーサーを着色して下地の色に調色後塗装

下地乾燥後、ボディー色を元々の塗装に似せて塗装

所どころグレー色の下地が透けていますが事故前の純正塗装ぽく仕上がりました

この後は各部品の下地作業に移ります

続きは③に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。