ダイハツ・エッセ事故修理&エアロパーツ取付け

今年のゴールデンウィークは生憎の雨スタートですね

7連休、はたまた10連休と、羨ましい長期休暇を楽しまれていらっしゃる皆様も多いかもしれません

テイクスは暦通りの営業となっておりますが

大概の各メーカー部品販売店は29~5日の間お休みですから

新規の修理依頼は残念ですがお受けできません、入庫案内のみとなります

なので30日と翌月2日は、入庫済み車両の作業を消化する予定です

目下、作業中のエンジンを何とか車体にに戻したいと思ってます

 

 

さて不運な事故に遭われたエッセのオーナー様

修理するにあたってイメージチェンジをご所望されました

ご指定のエアロバンパーをお取り寄せして早速修理開始です

損傷は右前廻り

バンパー外すと骨組みも曲がり

ヘッドライトの内側の骨組みも損傷あり

まずは衝撃を吸収して曲がってしまった骨格部品をアライニング

元々の位置にボルト穴や形状が戻る様に、修正機で引っ張り粗だしします

 

交換が必要となる骨格部品を引っ張り、ある程度の位置合わせが決まったら部品を外していきます

俗にフレームと呼ばれるエンジンやサスペンションが取り付く

サイドメンバーの先端にも軽い損傷があります、こちらは叩き出して形を整えます

交換する骨格を仮組みしてボルト穴などの寸法を合わせてから

中古のヘッドライトを取り付け、隙間や位置を調整しながらボンネットも修理しました

ボンネットは交換も視野に入ってくる損傷でしたが、費用を抑えるため修理可能と判断しました

この後エアロバンパーも仮付けします、長くなりますので②へ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。