査定重視の板金塗装、ハスラー2色塗装します

 

久しぶりのブログ記事です

最初を飾るのはデザインが可愛らしいスズキのハスラーです
ジムニーのように四輪駆動を重視したクロカンでなく
街乗りのしやすさと女性ユーザーを意識した人気のSUV

お客様からのご要望は
売却時の査定で事故車扱いにならないようにして欲しいとのこと・・・

承知いたしました、ベストを尽くします

 

 

事故のお相手は自動車ではなく自転車です

一部人が接触してしまった痕跡もありました

 

 

凹みのある黒い部分、フロントピラーと呼ばれる部位なのですが
塗装の上に貼られたシール素材です

新車の製造工程はシールが貼られてからフロントガラスが接着されています
シール交換と凹みの修理塗装の為にフロントガラスの取り外しが必要です

 

                 (シールを剥がします)

 


フロントピラー損傷

 

 

ルーフとピラーはホワイト塗装が主ですが、
ピラー内側はディープグリーンにも塗られています

ホワイト1色で済むことを期待しましたが損傷があるため2色の塗装作業となります

 

 

板金作業の画像が抜けてしまいますが凹みを修正して塗装前段階です

ピラー部以外にもボンネット、フロントフェンダー、フロントドアの損傷も
修正済みです
フェンダーとドアは損傷の状態から交換も考えましたが
査定を考慮して修正しました

 

             (広範囲に傷と凹みのあったドア)

 

 

まず2色の塗装が必要なピラーを仕上げます

 

 

ディープグリーンとホワイトの2色ピラーの塗装が完了しました
続いてその他の箇所へと移ります

続きは後日・・・

1月2日追記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です